その他

【テセウスの船】漫画ネタバレ『3巻』

更新日:

今ドラマで話題の【テセウスの船】ありますよね。

今回はそのテセウスの船のネタバレをしていきたいと思います。

ただ、安心してくださいドラマは原作つまり漫画とは違った展開となることが
わかっていますのでこれを見たからといってドラマが止まらなくなることはないと思います。

※少しの流れも知りたくないといった人に関しては見ないことをオススメします!

テセウスの船 概要

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で児童含む21人が毒殺された
逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお
一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、
独自に調査を始める事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ
気付くと1989年にタイムスリップしていた時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンスとなっています

1巻を先にどうぞ

最初からネタバレを見て行きたい方はこちらを先にどうぞ

2巻をまだ読んでいない方はこちらをどうぞ

ストーリー性のある内容なので話が分からなくなってしまいます!

【テセウスの船】漫画ネタバレ『1巻』

【テセウスの船】漫画ネタバレ『2巻』

3巻あらすじ

犯人に疑われる心

 

心は文吾と共に帰りながら
気味の悪い絵を描いた人物と
ウサギを殺した犯人は
同じ人物ではないかと話す

そのため二人は、田中が危ないと思い
2月5日は、田中につきっきりでいることにした

翌日、なぜか鈴は学校へいこうとしない

そして心が学校へ行っても

クラスの生徒たちは
心のあいさつに、応えようとしなかった

何かあるのならハッキリ言うように言うと

心は、生徒たちから人殺しと言われてしまった
心が、除草剤を盗ったと思われていて
学校の中で噂になっているのだ

しかし加藤が、鈴も泣いているので
こんなことは止めようと言ってくれた

明音と鈴が行方不明に

2月5日の日曜日

文吾と田中のところへ向かう心

出かける前に心は
鈴に今起こっていることは
なんとかするという

明音と喧嘩したという鈴に
心は自分の気持ちは伝えないと
いけないと伝えた

田中の家に行った二人
しかし家族は大丈夫だというが
二人はそれでも居ようとした

そこに電話がかかってきて
鈴が遊びにいって帰ってこないというのだ

田中の家に明音の親がやってきた
明音も家に帰ってこないというのだ

心はあの不気味な絵は
もしかすると鈴と明音ではないかと考えた
そこで鈴と明音を捜すことにした

見つからない二人

心は明音が失踪するのは来月なので
もう既に、過去が
変わってしまったのかと思ってしまった

その頃明音は、誰かに閉じ込められていた
外にいる誰かは、これは罰だと言い

何でもするのかと聞く
何でもすると答える明音に、その誰かは…

文吾は、心がこれから起こることを
知っていると言って

鈴は無事なのかと心に訊ねた

しかし心は、過去はもう
変わってしまったと答える

新聞には、明音が行方不明になったという
記事が掲載された

その記事にはなぜか鈴の名前はなかった

明音を監禁していたのは長谷川だった

しかし、長谷川が去った後、外に誰かが来ていた

鈴が見つかる

一旦、家に戻ってきた心と文吾

明音の両親は、猛吹雪になると言って
早く明音を見つけ出さないといけないと言う

そこで文吾は、村人を集めて捜すと答えた

心は長谷川に会い
鈴と明音を知らないかと聞く

文吾が捜索していると、鈴を発見する

長谷川は明音を捜していたと言うが
なぜか何か思い詰めた表情をする

心が大丈夫かと聞くが
長谷川はそのまま去っていった

さつきが、鈴が見つかったと言ってやってきた

鈴は、明音のことは知らないと言って
高熱のため、倒れてしまった

心は、日付も変わったので
田中の様子を見に行くことにした

田中の家で、あの薄気味悪い絵を
もらうことにしたが

家族は絵の中に描かれたものを
どこかで見たことがあるというのだった

犯人は長谷川?

自宅に帰ってきた長谷川

外は猛吹雪だと家にいた女性に言った

そしてこのままだと
明音は手遅れになってしまうと言う

だが長谷川は、密かに
明音の写真をたくさん撮っていた

心は、文吾に薄気味悪い絵には
飛行機みたいなものが描かれていたので
それを知らないかと聞く

文吾は知らないと答え

明音がどうなる未来なのか聞く

知っている未来では
明音は見つからないという心だった

翌日、文吾は鈴に明音のことを聞くが
鈴は、知らないとしか答えなかった

最近の鈴の様子がおかしかったという文吾に

それはパラコートの件で
心は自分のせいだと答えた

心が、過去が変わってきているというと

文吾は、未来のことが書かれているノートを
自分に見せて欲しいと頼んできた

しかし心は、文吾が
死刑確定の記事が載っているので
当然見せることはできない

そのため文吾と、ノートの
取り合いになってしまった

そこで心は、長谷川の様子が
おかしかったと言って
長谷川の住所を、教えて欲しいと頼んだ

だが刑事の金丸が来たというので
文吾は心に家を出るように言い

長谷川の住所を教えた

心は長谷川の家に行き
明音を捜しているというが

出てきた女性は
すぐにドアを閉めてしまった

その頃金丸は、文吾に心は
何者なのかと聞いていた

長谷川の家にいた紀子は
ノートの記事では
青酸カリで自殺することにになっている

心は、この村のどこに

そんな毒物があるのかと思ってしまう

そして紀子は、明音の写真を見つけていた

青酸カリが無くなる

心は、駐在所に戻ってきた

文吾は金丸が心を疑っていると言い

心は、紀子が変だったと伝えた

紀子が、工場で働いていると聞くと

心は青酸カリと口走ってしまう

文吾は、心に知っていることを

教えてくれというが

心は答えなかった

 

翌日、文吾は工場へ行くと、紀子は休んでいた

文吾は、青酸カリを見せてもらおうとすると

なんと青酸カリが無くなっていた

そして明音のものと思われる手袋が

発見されたという知らせが入る

学校では心が生徒から

あの絵の飛行機みたいなものの場所を聞いていた

心が逮捕されてしまう

見つかった手袋は

明音のものではなかった

心は文吾に、あの絵の場所へ

行こうと文吾に連絡した

二人で音臼山の小屋へ向かった

だが小屋には明音はいなかったが

吐いた跡と足跡があった

文吾は、明音と鈴の名前が入った

キーホルダーを見つけた

そして心は、外で金丸と

鉢合わせになってしまった

 

金丸は、キーホルダーを

元の場所へ戻すように言い

心を事情聴取するという

そして倒れたように見せかけ

心を逮捕してしまった

しかし既に、青酸カリで明音と長谷川は…

3巻の感想

未来を知っている心がやってきたことで
村で起こることが変わってきています

どうやら起こることも
早まっているようですね

心を疑っている金丸は
とうとう無理矢理心を逮捕してしまいました

このままでは未来から来たことことが
バレてしまいますが、大丈夫でしょうか

青酸カリが無くなり

そして長谷川と明音が見つかるようですが

真相がどういうものなのか気になりますね

一体犯人は誰なんでしょうか、今のところ怪しいのは
長谷川でしょうかね、

まだまだ、先は長いので楽しみになりますね

それでは、4巻をお楽しみにしていてください!

4巻のネタバレを見たい方はこちらからどうぞ

【テセウスの船】漫画ネタバレ『4巻』

-その他
-, , ,

Copyright© Sahi Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.