その他

【テセウスの船】漫画ネタバレ『10巻』

更新日:

今ドラマで話題の【テセウスの船】ありますよね。

今回はそのテセウスの船のネタバレをしていきたいと思います。

ただ、安心してくださいドラマは原作つまり漫画とは違った展開となることが
わかっていますのでこれを見たからといってドラマが止まらなくなることはないと思います。

※少しの流れも知りたくないといった人に関しては見ないことをオススメします!

テセウスの船 概要

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で児童含む21人が毒殺された
逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお
一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、
独自に調査を始める事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ
気付くと1989年にタイムスリップしていた時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンスとなっています

1巻を先にどうぞ

最初からネタバレを見て行きたい方はこちらを先にどうぞ

ストーリー性のある内容なので話が分からなくなってしまいます!

【テセウスの船】漫画ネタバレ『1巻』

10巻あらすじ

お泊まり会を中止にさせようとする心と文吾

心は、さつきがいなくなったと聞き
それを文吾に伝えて、さつきを捜し始めた

教室へと向かうと、黒板には
みきおが書いた、不気味な絵が書いてあったので
心は、その絵を書き写した

文吾が学校へと戻ってきて
心と二人で持ち物検査を始めた

するとそこに子どものみきおが校内放送を始めたので
心と文吾は放送室へと駆けつけた

心は、みきおの持ち物検査をしようとしたが
みきおは、拒否したが

鈴のことを言い出したので
強引に持ち物検査をして、飲み物を
捨ててしまった

多目的室で、ご飯が始まってしまったので
心と文吾は、火災報知機を鳴らすことにした

しかし心が、火災報知機を鳴らそうとしたが
壊されていて鳴らなかった

心が、多目的室へと戻ってくると
子どもたちが、飲み物に何かを入れていたので

とうとう心と文吾は、飲み物に
毒が入っていると言って
お泊まり会は、中止させようとした

しかしみきおは、飲み物を飲んで見せ
毒が入っていないことを証明した

心を焼き殺そうとする加藤
しかし紀子が、気絶した慎吾を連れてきて

誰かに、母親と鈴が誘拐されたことが判明した

慎吾は、みきおの描いた不気味な絵も持っていたので
文吾は、お泊まり会を中止させ
警察署にも連絡した

心は、みきおの描いた不気味な絵を見て
自分が風速計のある小屋へと向かうことにした

止めようとする文吾に、心は自分には
もう戻るところがないと言い

事件を阻止して、消えてしまう覚悟はあると答えた

心は、小屋へとやってくると
みきおに殴られてしまい、気絶してしまった

目を覚ました心に、加藤はもうお泊まり会の
大量殺人には、興味がないと話し

最初の鈴が、好きだったのだと言った
それでみきおは、大量殺人事件を起こしたが

鈴が変わってしまったので
心と一緒にタイムスリップをして
過去を変えようとしたのだった

みきおは、一人で死ぬ覚悟はあると言って
心が中にいる小屋に火をかけた

文吾の身代わりとなって刺し殺された心

子どものみきおは、旧体育館から鈴を見つけ出し
文吾に母親もいると伝えた

文吾は、心の向かった小屋へと向かおうとしたが

そこに現れた加藤が、文吾をナイフで
刺し殺そうとした

しかし小屋を脱出した心が
加藤の前に立ち塞がり

文吾の身代わりになって
ナイフで刺されてしまった!!

文吾は加藤を拳銃で撃ち倒し

心は自分の息子だと叫んだが
心はもう亡くなっていた

新しい心の人生
心の墓参りを終えた文吾たちは
昔、住んでいた家へとやってきた

そして埋めたタイムカプセルを掘り起こすと
文吾は、心が入れた封筒の中身を見た

家に帰ってきた鈴は
昔、学校で起きた事件の週刊誌記事を見て
文吾にみきおを捜していないか聞いた

捜していないと答えた文吾は
それよりも由紀を捜したいと言った

文吾は、昔の心の写真を見ながら
正義と名付けるつもりだった息子の心に

自分がタイムカプセルに埋めていた
自分が書いた言葉を写真で送った

それを見た心は、今は学校の先生をしていた
その心に、由紀が…

10巻の感想

加藤は、鈴のことが好きになって
文吾を大量殺人事件の犯人に仕立てあげて
鈴を手に入れようとしていました

でも鈴は変わってしまったので
心がタイムスリップしていると知って

過去を変えようとしたのを
心が阻止しました

心は亡くなってしまいましたが
代わりに産まれた新しい心は
由紀とまた結婚しそうです

今の心が、同じ心とは言えないですが
今度こそ由紀と、幸せな家族を作ってもらいたいですね

でも出所したみきおが、また何か事件を
引き起こさないかが、気掛かりなラストでした

-その他
-, , ,

Copyright© Sahi Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.