その他

【テセウスの船】漫画ネタバレ『1巻』

更新日:

今ドラマで話題の【テセウスの船】ありますよね。

今回はそのテセウスの船のネタバレをしていきたいと思います。

ただ、安心してくださいドラマは原作つまり漫画とは違った展開となることが
わかっていますのでこれを見たからといってドラマが止まらなくなることはないと思います。

※少しの流れも知りたくないといった人に関しては見ないことをオススメします!

テセウスの船 概要

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で児童含む21人が毒殺された
逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお
一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、
独自に調査を始める事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ
気付くと1989年にタイムスリップしていた時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンスとなっています

1巻あらすじ

妻(由紀)との別れ

1989年6月24日にある村の小学校で
青酸カリ入りのジュースを飲んだ
教師や生徒21人が死亡する事件が起こった

その事件の犯人として警察官だった心の父・佐野文吾が逮捕された

〈現代へ〉
妊娠中だった妻の由紀
心の父親の殺人事件ことのもあるので
由紀の両親は結婚に反対
娘の出産にも、立ち会わなかった

心の母も事件のことで
笑顔で生きる資格がないと心に教えて
自身はひらすら懺悔する日々を送っていた

由紀は、心に事件は関係ないと言ってくれて
密かに事件のことを調べていた

しかし由紀は、出産で亡くなってしまった

由紀の葬儀
泣かないようにいう母
由紀の死は、心のせいだと罵り
由紀の両親は、子どもを引き取ろうとした

葬儀が終わり、娘と家に帰る心
そこで由紀が調べた父の事件のスクラップを見つる
心はそのスクラップを読んでみた

舞台は音臼村へ

由紀が調べたスクラップを読む心そしてその中には、
由紀が心の父親は冤罪かもと書いていた

そこで心は、父に会うために
札幌に向かうことにした
父に会う前に、心は事件のあった
音臼村に行ってみた

事件のあった小学校跡には
事件の慰霊碑が建っている

するとスゴイ濃霧が発生し始めた
そのため心は、躓いて倒れしまった
そして風が吹き、目の前には一面の雪が…

1989年の音臼村にタイムスリップ

そこには、あるはずのない小学校が建っている

狐の面をかぶった子どもが
心に声をかけてきた
それに老婆も…

何か恐ろしげだったので
心はそこから逃げ出した

そしてスマホは使えず、乗ってきた車もなかった
電話ボックスで、弁護士にTELするも
使われていない番号…

佐野と表札のある民家で
雪に埋もれ気を失った少女を見つけた
その少女は、除雪中に転落死した心の姉・鈴だった

また今日、除草剤を飲んで死ぬことになる
千夏という少女にも会った

心が助けた鈴が、亡くならずに
軽症で済んだため

心は、過去が変えられると思った
そこで心は、倉庫にあった除草剤を捨ててしまう

それでも千夏は、グッタリした状態で
見つかってしまった、犯人を探す文吾

盗難犯と似ている心だが、それでも心を家に招いた

そこに千夏が亡くなったとの知らせが届いた

新聞配達の男に疑われる心だが
文吾の言葉で、その男は去った

しかし文吾は、心を事情聴取しようとするが
母が、恩人を疑うなと言ってくれたため
事情聴取をせずに済んだ

千夏の通夜のため、家の留守番をする心
そんな中、駐在所でダンボールに入った
除草剤を見つけてしまう

やはり文吾が犯人なのか… そう疑う心だった

過去を変えようと決心する心は

母の承諾を得て、事件のあった6月24日まで
ここにいることにした

だが文吾は、心の運転免許書を見てしまった

そこに書かれていた日付は、未来の日付…

1巻の感想

いやー、久しぶりに面白い漫画に出会った気がしたと思いました。
僕はみんなが好きな「ワンピース」とかは読んでなくて
こういったマイナーな漫画が好きになるんですよねw

それでは感想いきます。

このテセウスの船の一番の目的は、大量殺人の犯人が
心の父である文吾なのかを確かめるために
過去に行って調べることが目的でした。

その中で、鈴の事件をきっかけに
過去を変えることができると思い始めた心の
これからの行動が楽しみになりますね。

2巻はこちら

続きを読みたい方はこちらをどうぞ

 

【テセウスの船】漫画ネタバレ『2巻』

-その他
-, , ,

Copyright© Sahi Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.