その他

ベーシックインカムとは

更新日:

元ZOZO社長前澤さんの行動で話題のベーシックインカムについて説明したいと思います。

そして、ベーシックインカムが日本で導入されたたどうなるのか話していきたいと思います。
(僕個人の意見も入っていることをご承知ください)

ベーシックインカムとは

ベーシックインカム(Basic Income)とは、年齢・性別・所得の有無を問わず、
すべての人に所得保障として一定額の現金を支給する制度のことで、
日本語では「最低所得保障」と呼ばれています。

日本では、定年を迎えた人には年金、何らかの事情で働くことができない人には生活保護
失業した人には失業保険といった社会保障制度によって、所得がないもしくは少ない人を支える仕組みが用意されています。
しかし、これらの給付は所得や仕事の有無についての審査などもあり、
満足いく額を受給できなかったり
全く支給されなかったりするために、
憲法で保障されている「最低限度の生活」を送れない人も多くいます。

そこで、誰でも最低限の生活保障が受けられる
ベーシックインカム制度に注目が集まっているのです。

〈前澤さんの話を例に出すと〉
仮に毎月8万円支給されることによって、
生活が最低限保証され、少し余裕が生まれ、好きなことを仕事にできたり、
よりクリエイティブなことに時間を使えたりで、結果として労働生産性が上がり、
収入も消費も増え、全体的な経済効率がプラスになるのでは?という考えです。
(前澤さんTwitterから)

僕自身はこのベーシックインカムは賛成です、
ただ、一定所得以上の人は支給をなくすなど工夫をした方がいいと思います。
全国民が同額貰ったとしても、それに伴い物価が上昇するだけだと思ったからです。
間違ってたらすいません。

他国の導入実験結果

導入は既に10以上の国でされています。
そのすべての国で良い傾向が現れました。

・生活の質の向上が見られた
・貧困率や犯罪率が低下
・犯罪率や子供の死亡率、家庭内暴力が減少

上記3つが主に現れた現象です。

日本でも小さな子への暴力や虐待というのが年に数回は話題になりますが、
どの件を取ってみても裕福な家庭ではないことが見られています。
家庭の金銭的な問題から子供にご飯を与えなかかったり、
夜泣きがストレスの原因となり虐待に走ったりする可能性もあるではないかと考えられます。

メリット・デメリット

最後に、導入に当たってのメリットとデメリットについて書きます。

メリット

・自分がやりたい仕事・活動ができる
今の日本は、生活していく為に仕事をしている人がほとんどだと思います。
それが、一定の所得が常にあることによってやりたい仕事に挑戦する余裕ができます。
最近ではユーチューバーが「好きなことで生きる」で有名になっていますが
国民全員がそうなる日も来るのではないでしょうか。
そうなった場合色々問題が出てきてしまいそうですが…

・生活保護が行き届かない貧困層を救う手立てにも
日本全国に2000万人以上いると言われている、
生活保護未受給者に対してもベーシックインカムを導入することで、
未受給者をなくすことができるのではないかと言われています。

デメリット

・ベーシックインカムがあることで働かなくなる?
「ベーシックインカムが導入されたら働かなくなる人が増えるのでは」と言われていますが、
ベーシックインカムで給付される金額は必要最低限の生活ができるとされているので
働かない人が増えるまではいかないとされています。
ただ、一人当たりの労働時間が短くなったりすることは可能性としてありますね。

・財源の問題
仮に20歳以上に限定して月7万円を支給しようとしても、
日本の成人人口はおよそ1億500万人なので、
年間でおよそ88兆円が必要となります。
そのため、ベーシックインカムの導入にはさらなる増税が避けられないでしょう。
今後、実施される増税としては所得税が一番可能性が高いと思われます。
所得の多い人から、多くの税金を取ることによってベーシックインカムの
意味が出て来るからでしょう。

最後に

これからの時代、副業が承認され今までより
一人当たりの所得が多くなることが予想されています。
その為、このベーシックインカムが導入される可能性は低いのではないかと
個人的には思いますが、万が一に導入された時の生活の仕方について
今のうちに考えておくと不安や動揺が少なくなるでしょう。
とは言え、僕は導入して欲しいと思う派ですから期待して待つことにしましょう!


-その他
-, , , , , , , , ,

Copyright© Sahi Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.